ひまわりの花

ひまわり(Sunflower)の特徴と花言葉

ひまわりの特徴

ひまわり(sunflower)は夏の太陽に挑むように高く伸びた茎の先に、
大きな花を咲かせる、太陽のような花の形はまさに夏の花の代表といえます。

 
種類は非常に多く花色は鮮やかな黄色の他、
フロリスタンやココアなどの褐色系の花をつける園芸品種もあります。

 
高さも3mを超える大輪種から30cm程度のわい性種や
花径40cmを超える大輪種から6cm前後の小輪種まで様々です。

 
花形も一重咲きから八重咲きまでなどバラエティーに富む花ですが、
最近ではベランダ栽培ができる小型のタイプが増えています。

科名 キク科
種類 一年草
別名 ニチリンソウ
原産地 北アメリカ
高さ 30~300cm
花期 6~9月
増やし方 種まき・苗植え

 

ひまわりの育て方

種は気温が十分に上がってから水はけの良い土に直まきします。
一般的に株間は15~20cm、高性種では50~60cmほど。

 
高性種は支柱を立てて倒れないようにして
発芽から生育期は土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをします。
 
吸肥力が旺盛なので肥料切れや、乾燥し過ぎると下葉が枯れてしまうので、水切れには注意します。

【楽天市場】ひまわりの苗の通販

 

ひまわりの花言葉

ひまわりの花言葉はたくさんあります。
しかも、大輪、小輪 花色でも違ってきます。

 
灼熱の太陽にも負けず咲き続けるひまわりには、数多くの愛と情熱に満ちた花言葉がありますが
中には、驚くような花言葉もあります。

 
古代インカでは太陽神の象徴として神殿に彫刻され、巫女たちはひまわりを形どった装身具をつけていました。
しかし、その装飾品をスペイン人に盗まれてしまったことから「偽り」「ニセ」という花言葉が生まれたとされています。

1569年のスペインの書物にひまわりの記載があり、この時期にヨーロッパに伝えられたようです。

 
いつも太陽の方を向く花とされ、情熱的な花言葉が付きましたが
実際の所、向日性はそれほどでなく、いつも太陽に向かうとは限りません。

ひまわりの花
写真:makieniさん(写真AC)

花言葉:「あこがれ」 「わたしはあなただけを見つめる」「崇拝」「愛慕」「情熱」「崇拝」「偽り」「ニセ」

白のひまわり 「程よき恋愛」

紫のひまわり 「悲哀」

大輪のひまわり 「偽りの愛」「にせ金持ち」

小輪のひまわり 「高貴」「愛慕」

誕生花:6月25日 7月6日 7月9日 7月20日 8月1日 8月2日 8月5日 8月7日 8月14日 8月15日 8月17日 8月22日 8月31日

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です