庭に咲いたピンクのガーベラ

ガーベラ(Gerbera)の特徴と花言葉

ガーベラの特徴

ガーベラは色も形も造花のようにクッキリしていて陽気で明るい雰囲気をもつ花。
葉は地際に集まって茂り、花茎だけが長く伸びて咲くすっきりした草姿が特徴です。

 
ガーベラは本来は真っ赤な色の花なのですが、
品種改良により、色とりどりのガーベラが誕生しました。

 
いまでは非常に多くの品種があり、花色も花形も多彩で
花の大きさは花径12cmほどの大輪種から4cm程度の小輪種まであり、
花形は一重咲きから丁子咲き、ハリのように細い花弁が幾重にも重なるスパイダー咲きなどがあります。

 
日本には大正初期に渡来し、当時その花姿から「花車」「花千本槍」と呼ばれていました。
高性種の他、ポットガーベラと呼ばれるわい性種も人気が高いようです。

科名 キク科
種類 多年草
別名 ハナグルマ、オオセンボンヤリ、アフリカセンボンヤリ
原産地 南アフリカ
高さ 10~80cm
花期 4~10月
増やし方 種まき・株分け

 

ガーベラの育て方

日当りの良い場所を好み、水はけの良い土と風通しの良い場所を好むため、
鉢植えも半日以上は日光の当たるところで管理します。

 
風通しと水はけの良いことが大切で、長雨や多湿のときは病気が出やすくなります。
病気予防のためにも花がらと枯葉をこまめに摘み、花茎は中途で切るのではなく、根元から折るように抜き取ります。

【楽天市場】ガーベラの種や苗の通販

 

ガーベラの花言葉

19世紀末に南アフリカで発見されたガーベラ(Gerbera)ですが、
その花名はドイツ人の医師および植物学者であったガーバーの名前に由来しています。

 
花言葉の「希望」「前向き」「美しさ」は、ピンクやオレンジといった明るい色の花を咲かせ、
陽気な雰囲気を醸し出す美しい花姿に由来するといわれます。

 
またガーベラは花の色によっても花言葉が違ってきます。

庭に咲いたピンクのガーベラ
写真:カッパリーナさん(写真AC)

全般の花言葉:「希望」「前向き」「美しさ」

赤いガーベラ 「神秘の愛」ピンクのガーベラ 「崇高な愛、思いやり」

オレンジのガーベラ 「冒険心、我慢強さ」

黄色のガーベラ 「究極の愛、親しみやすい、やさしさ」

白色のガーベラ 「希望、律儀、純潔」

誕生花:1月21日(赤)、2月11日、8月1日、10月12日

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です