沈丁花

ジンチョウゲ(沈丁花 daphne)の特徴と育て方や花言葉 誕生花

ジンチョウゲの特徴

沈丁花は、三大香木(春のジンチョウゲ、夏のクチナシ、秋の金木犀)と称され、誰もが知っている甘く、香り高い花を咲かせる春の代表的な花木です。

艶のある厚い葉が交互に生え、枝先に可愛らしい小さな花が塊になって咲き、半球状に密生する筒のような形の花からは強い芳香が放たれます。

外側が紅紫色で内側が純白の肉厚な花は、じつは萼が花弁状に変化したもの。

本来の花弁ではありませんが、ジンチョウゲの花持ちがよいのはこのためといわれています。

生け垣にもよく利用されているため、散歩などをしていると、その良い香りに癒される方も多いでしょう。

元々は、この植物の根を薬として用いるためにやってきたのですが、あまりにも良い香りの花が咲くため、庭木に植えられるようになったそうです。

渡来したのが雄株のみだったため、日本で植えられているものは結実しません。

科名 ジンチョウゲ科
種類 常緑低木
別名 センリコウ(千里香)、センリバナ(千里花)、チョウジグサ(丁子草)、リンチョウカ(輪丁花)、ズイコウ(瑞香)
原産地 中国
高さ 1m
花期 3~4月
増やし方 さし木

 

 

ジンチョウゲの育て方

ジンチョウゲは日向と有機質に富んだ、水はけと水もちのよい弱酸性の土壌を好みます。

移植を嫌いますので植え替えの時は根をいじらないようにします。根が切れると株が枯れてしまうことが多いので、植え替えの必要な鉢植えには向きません。

植え替えをしないことを前提に鉢植えで栽培する場合は、水はけ、水もちのよい用土で植えつけ、庭植えの場合、西日の当たらない日向(半日陰)を選んで、根を切らずに植えつけます。

日陰では花が咲きにくくなるので注意しましょう。

新芽が成長する春や、高温になる夏に乾燥させないよう、乾いたら十分に与えてください。そのほかの季節は、水やりの必要は特にありません。

肥料は春と秋に緩効性の肥料を与えます。

【楽天市場】沈丁花の通販

 

ジンチョウゲの花名の由来

和名の沈丁花は、甘い香りが香料の沈香に、花の形が丁字(ちょうじ クローブ)に似ていることに由来します。

学名「Daphne odora」の「Daphne(ダフネ)」は、ギリシア神話の太陽神アポロンの求愛から逃れるために、自らの身を花木に変えた神話の女神ダフネにちなみます。

種小名 「odora」は良い香りがするの意。

別名のセンリコウ(千里香)は芳香が千里先まで届くの意。

ズイコウは縁起の良い花として「瑞香」の表記が与えられたとされています。

 

ジンチョウゲの誕生伝説

太陽の神アポロンはエロス(クピド)が放った黄金の矢で、ダフネに熱烈に恋してしまいます。

しかし、ダフネは拒絶し逃げるのですが、逃げても逃げても追いかけられ、力尽きたダフネは河の神である父親に訴えます。

「お父様、私の体が穢されないように、どうぞ守ってください」

すると、ダフネの体はみるみるまに硬い樹皮で包まれ始めます。

脚は大地に根付き、髪の毛は葉に、腕は枝になり、やがて1本のジンチョウゲに変わったのでした。
(ギリシャ神話より)

 

ジンチョウゲの花言葉

ジンチョウゲは常緑性の低木で、冬でも葉が落ちません。

一年を通して青々と葉が茂っていることから、
「不死、不滅、永遠、栄光」の花言葉が付きました。

「不死」「不滅」は常緑樹に共通するシンボルとされています。

沈丁花
写真:豆助屋さん(写真AC)

ジンチョウゲの花言葉:「栄光」「不滅」「不死」「歓楽」「永遠」

ジンチョウゲの誕生花:1月16日 2月10日 2月23日 3月1日 3月15日 3月16日 3月21日 12月15日
            ※白は12月15日 12月24日

【楽天市場】沈丁花の通販

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です