ピンクのアザレアの花

アザレア(azalea)の特徴と育て方!花言葉 誕生花

アザレアの特徴

アザレアは東アジアのつつじをもとに1800年代にヨーロッパに伝わり、鉢植え用に改良されました。当初はベルギーで育成が盛んだったことから、ベルジアン・アザレアと呼ばれていたものが略され、アザレアになったそうです。

日本へは明治時代の初期に渡来。花色は赤やピンク、白、紫などフリルのような花びらなのが特徴的な花です。

 
本来、アザレアの開花は春ですが、大輪の花をつけた華やかな鉢花は年末から店頭に並びます。これは温室で促成開花させたアザレアのため、寒さには弱い性質ですが、室内では春近くまで次々と花をつけてくれる鉢物として人気です。

 
アザレアの花の蜜には、ルックスロードヤポニン、グラヤノトキシンという有毒性の成分が含まれています。ペットが誤食しないよう、充分配慮が必要です。

科名 ツツジ科
種類 半耐寒性常緑低木
別名 オランダツツジ
原産地 東アジア
高さ 30cm~1.5m(20~30cmが一般的)
花期 4~5月、11~3月
増やし方 挿し木

 

 

アザレアの育て方

冬に買った開花株は暖房をしていない室内の、窓辺に置き、花に水がかからないように水やりをします。4月以降は戸外に出し、風通しと日当たりのよい場所で管理します。

 
7月下旬から9月上旬までは、葉焼けを起こしやすいので、半日陰に置き、涼しくなれば再び日なたへ移動させ、11月下旬まで寒さに当てたのちに室内に取り込みます。

 
春は盛んに成長するので、毎日水やりし、夏の高温期は用土が乾燥しやすいため、朝と夕方の2回水やりします。秋の水やりは春に準じ、室内に取り込んだあとは、土の表面が乾いたら与えます。

 
6月から7月に、充実して堅くなった枝を、鹿沼土やさし木用土を使って、葉が触れる程度の間隔でさし木します。風の当たらない日陰に置いて乾かさないように管理すれば、秋には発根します。

【楽天市場】アザレアの花の通販

 

花名の由来

花名のアザレアは、ラテン語の「azaleos アザロス(乾燥)」を語源とし、アザレアが比較的乾燥した土地を好むことに由来します。

 

アザレアの花言葉

ラテン語の「乾燥」が花名の語源となるアザレアですが、花言葉の「節制」は、枯れた土地のイメージにちなみ、「禁酒」の花言葉も、英語で禁酒のことをドライ=乾燥ということに由来するといわれます。

 
白いアザレアの「あなたに愛されて幸せ」は、その純白の花姿から愛の喜びに満ちた花嫁をイメージしてつけられたともいわれます。夫婦間や恋人に贈るのに適した花言葉なので、誕生日プレゼントにもいいですね。

ピンクのアザレアの花
写真:jackie.mさん(写真AC)

 
アザレア全般の花言葉:「節制」「禁酒」「恋の喜び」

赤いアザレア:「節制」「節度の愛」

白いアザレア:「あなたに愛されて幸せ」「充足」「満ち足りた心」「愛を知った喜び」

ピンクのアザレア:「青春の喜び」

誕生花:1月8日 3月4日 3月7日 3月9日 3月10日 3月18日 3月19日 3月22日 8月8日 11月28日 11月29日 12月13日 12月22日

赤のアザレア:3月22日 8月8日 12月22日

白のアザレア:1月8日 3月9日

ピンクのアザレア:3月18日 3月19日

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です