アンゲロ二アの花

アンゲロニア(Angelonia)の特徴と花言葉

アンゲロ二アの特徴

アンゲロニア(Angelonia)は初夏から秋まで次々と花を咲かせ、長く楽しめるおすすめの草花です。

 
葉のわきに小さな花を休みなく咲かせ
根元からたくさんの茎を立ち上げる草姿に野草の雰囲気があります。

 
花色はピンク色、紫色、白色、青色、複色など多彩で、
花をよく見ると、がい骨が口をあけたような姿に見え、葉は細長く存在感があります。

 
草丈が低いタイプと高くなるタイプがあり、30cm程度の草丈が低い品種は、プランターや花壇の前面に
1m程度になる高性の品種は、花壇の背景に利用できます。

大きく育つと倒れやすくなるので支柱を立てて支えてやるといいでしょう。

科名 ゴマノㇵグサ科
種類 多年草
別名 エンジェルラベンダー
原産地 中央アメリカ、西インド諸島
高さ 30~100cm
花期 6~10月
増やし方 種まき、挿し芽

 

アンゲロ二アの育て方

アンゲロ二アは暑さと強い日ざしにも耐える上、さらに半日陰でも育ちます。
しかし冬の寒さには弱いため 庭植えは堀上て鉢植えにし、室内の日当りの良い場所で管理してください。

鉢土の表面が乾いてきたら、たっぷり水を与えますが
庭植えでは、真夏に晴れが続き、乾くようなら水を与えるくらいでいいです。

花がらは勝手に落ちますが、葉の上などに花がらが残っていると病気の原因になるので取り除き、
わき芽の上で1/2~2/3の草丈になるように切り戻すとわき芽が伸び、さらに多くの花をつけます。

【楽天市場】アンゲロ二アの苗の通販

 

アンゲロニアの花言葉

英名のSummer snapdragonは、夏に咲くキンギョソウ(金魚草)の意味で、
金魚が口をパクパクしている姿に似ていることからつけられています。

 
アンゲロニアの花は、筒状になった花の先端が上下に分かれ、
2つに裂けた上唇と3つに裂けた下唇をしていて、人によって様々な姿に見えるようです。

 
花言葉「過去の恋人」は、上唇と下唇の2唇弁をもつ花の姿が、
口を開けた骸骨のように見えることからきているのでしょう。

アンゲロ二アの花
写真:本気のくまにゃんさん(写真AC)

花言葉:「過去の恋人」「片思いの恋」「可憐な恋」

誕生花:ー

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です