小さな星型のペンタスの花

ペンタス(Pentas)の特徴と育て方や花言葉 誕生花

ペンタスの特徴

ペンタスは茎の先に花径1~2cmの星型の小さい花を散房花序につけ、傘を差したような花姿になります。春から秋まで長期間開花し、夏の暑さにも強くよく開花するので夏の花壇に的しています。

 
熱帯アフリカやマダガスカルに約30種が分布する多年草植物で、日本には明治時代の末期に渡来したと云われています。

 
花色は赤、ピンク、紫、白などがあり、白い縁取りのはいるものも。葉っぱは先端の尖った楕円形(披針形)で明るい緑色~濃い緑色、葉脈がくっきりと目立ちます。

本来は低木状に育ちますが、タネから育てる矮性に改良された品種が小型~中型の鉢物や花壇苗としてよく普及しています。

 
主な種類では「グラフティー」シリーズ、「バタフライ」シリーズ、「ニュールック」シリーズなどがあります。
また、ほかに栄養系品種として、八重咲きの「ライカ」シリーズや大きく育ちボリューム感のある「パニックタワー」シリーズ、葉に斑が入った品種なども流通しています。

科名  アカネ科
種類 常緑小低木多年草
別名 クササンタンカ(草山丹花)、スタークラスター
原産地 熱帯アフリカ
高さ 30~150cm
花期 6~10月
増やし方 挿し木

 


 

ペンタスの育て方

日当たりがよく、蒸れに弱いので、風通しのよい場所に植え付け、加湿や肥料切れに注意すると、夏の暑さに負けずに元気に長期間開花します。

 
水やりは鉢土が乾いてから与えるようにし、水の与えすぎに注意しますが、よく開花している鉢では、夏に高温乾燥するときはよく乾くので水切れに注意しましょう。

 
庭植えにした場合は、根づけば水やりの心配はほとんどありません。

こまめに花がらを摘み取り、一つの花房が咲き終わったら2節目で切り落とすと、そこから枝が出て次々と花を咲かせます。

 
庭植えした株を掘り上げる場合は、10月中にすませるようにし、越冬には最低5度は必要なので、冬は室内で管理するようにします。

【楽天市場】ペンタスの花の通販
 

ペンタスの花名の由来

属名の学名「Pentas lanceolata」は、花弁の数にちなみギリシア語で数字の「5」を意味する「Pente(ペンテ)」が語源。種小名のランケオラータは披針形の、という意味です。

 
英名の「Star cluster(星団)」は、星のような形の花が半球状に咲く花姿から。

和名は、同じアカネ科の山丹花(サンタンカ)に似ていて、草花(サンタンカは木)なのでクササンタンカの和名があります。

 

ペンタスの花言葉

花言葉の「希望がかなう」「願い事」は、ペンタスの星のような姿から、星に願いをかける気持ちをあらわしたものであるといわれています。

 
育てやすく可愛くて、花言葉もいいのでプレゼントとしてもいいですね。

小さな星型のペンタスの花
写真:toyaさん(写真AC)

ペンタスの花言葉:「希望がかなう」「願い事」「誠実」「博愛」

ペンタスの誕生花:6月26日 9月16日 11月5日 11月17日

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です